週末備忘録

しゅぶに(@kodomanco)のブログ。字数制限のないTwitterみたいな

貧困無職が教える安くて楽な栄養の摂り方

f:id:shubni:20210113190545j:plain
 成人の日を迎えたということで、今回は新生活を始める皆さんのために、一人暮らしのプロである僕が楽な栄養の取り方を伝授していきたいと思います。

はじめに

 まず、前提として僕は頭が悪くて教養のない無職のカスなので、栄養について詳しい話はできませんし、中には栄養の本物のプロから見れば間違った情報を含んでいる可能性があるのでご了承ください。

 ですが、15歳から今日に至るまでの長い間の一人暮らし生活の中で、金もない上に病弱な僕が殆ど体調を崩さずに過ごす事が出来たのは、偏に僕の完璧な栄養管理のお陰に他なりません。よって、これから一人暮らしを始める学生・新社会人諸君の参考程度にはなるかと思います。

 最後に、本文に突然現れて食生活の改善を促してくれる理解のある彼くん、或いはその様な役割を果たす人物は一度も登場しません。安心して最後まで読んでくださいね。

 

何故栄養を摂るのか

 そもそも、何故栄養を摂らなくてはいけないのかという話をしなければなりません。結論を先に言いますと、栄養失調、延いては病気は非常にコスパが悪いからです。

 実際に栄養を全く意識せずに過ごす状態(一日一食未満、自宅では菓子類以外殆ど食べない)を生活を二ヶ月続けてみると、まず、立ち眩みが頻繁に起きるようになります。また、このようにして慢性的な体調不良を続けているといつか必ず風邪を引き、免疫も弱まっているので発熱等の症状に見舞われる確率も非常に高くなります。特に今の時期は発熱によるリスクが非常に高いのであまり熱を出したくありませんよね。

 さらに症状が酷い場合は病院に行かなくてはなりません。当時の僕は健康保険に加入していなかったので医療費の負担がかなり大きく、倒れて病院に運ばれることはそのまま死に直結していました。 

 加えて、栄養を全く意識せずに生活する場合、そもそも食べないので一見食費はかからないように見えますが、この場合自炊の習慣は殆どなく外食を多用する様になり、結局のところ栄養を意識して生活していた場合と食費に差が生じなくなります。さらに言えば、外食を多用するということは若い頃はともかく、歳を取るにつれて生活習慣病のリスクもかなり高まるので、正しく栄養を摂るということは長期的に見てかなりコスパが高いです。

 次に、食事についての僕の考え方を述べなければなりません。この部分がそもそも異なると、後述の文章を読んでも実践しようと思えず時間の無駄になってしまうからですね。

 まず、僕は食事というものが比較的面倒だと考えています。人間の三大欲求は食欲・睡眠欲・性欲とありますが、このうち本当に毎日するほど大好きなのは睡眠だけで、食事はそれに比べるとかなり優先順位が低く、もし食べなくてもいいなら毎日食事をする必要はないとすら思っています。実際に過去に暇つぶしで断食を試したことがありますが、ネットに書かれていたほど苦痛を感じず成功させる事が出来ました。また、基本的に毎日同じものを食べていても他の人より飽きが来るのが遅いです。以上のことから、僕は世の中の大多数よりは食に関心が薄いと認識しています。

 それと特に今回の話に関係ありませんが、性欲については毎日複数回シコっていますが、ないならないでいいかな……といった感じです。

 したがって、これから述べる僕の栄養摂取論はこれを読んでいる方の多くには実践出来ない……というよりは実践したくないものだと思っています。実際に、僕の生活を目の当たりにした多くの人に「生きてて楽しいの?」とすら言われたことがあるので……。

 因みに、生きてていいことは一つもないので特に楽しくありません。

 それでは、本題に移らせていただきます。

 

 安くて楽な栄養の摂り方

 まず初めに、一日三食の方は一日二食に減らしましょう。先ほど栄養を摂ることの必要性を説いたばかりで、一見矛盾しているように見えますが、実は成人男性の一日に必要な最低限の栄養は一日二食でも十分に賄え、寧ろ一日三食は栄養的には過剰摂取になってしまうことが多いです。栄養の過剰摂取は健康面への悪影響だけではなく、食費に直接影響してしまうので極力控えましょう。単純計算にはなりますが月の食費が2/3になるだけでも幾らか生活に余裕ができます。

 段々と慣れてきますが初めの方は空腹感に苛まれるかもしれません。あまり参考になるかはわかりませんが、空腹感が気になる人は取り合えず水を飲んでください。案外お腹は膨れて空腹が気にならなくなるかと思います。

 

主食

 次に主食についてです。日本人の主食と言えば米ですが、炊くのは面倒だし、冷凍しないと日持ちしない上に栄養価もそれなりなので、僕のおすすめはフルグラです。通常のシリアルに比べれば値段は張りますが、これ一つで一日に必要な栄養素の多くを確保できるため非常にコスパがいいです。僕はもともと小食で一度も太ったことがないので(BMI数値で言うと17.00未満)、糖質を気にしたことがないのですが、糖質オフのバージョンもあるみたいなので糖質が気になる方はそちらを購入してください。

 それと僕はオーガニックやら添加物などの話をされると「うるせ~~~」と突っぱねてしまうタイプなのですが、それらが気になる方はミューズリーをお勧めします。一度試したことがありますが、フルグラよりは不味いです。

 食べ方についてですが、メーカーに推奨されているように牛乳をかけて食べるのが一番効率よく栄養を摂取できるのでおすすめです。僕の場合は甘いものが好きなので、それに加えてはちみつやメープルシロップをかけて食べていました。糖質の取りすぎは身体にあまりよくないらしいんですけどね……。因みに、牛乳をかけて食べるとお腹を壊すという方は豆乳に変えることで改善されることが多いです。

 

 

副食

 しかし、当然ながらこれだけでは摂取できない栄養素が大きく分けて二つ存在します。ここではそれらを効率よく摂取する方法を述べていきます。

たんぱく質

 まず一つ目はたんぱく質、先ほど述べたようにフルグラには牛乳をかけて食べますが、それだけでは全くと言っていい程たんぱく質の摂取量が足りません。

 たんぱく質には動物性のものと植物性のものと二種類あり、それらをバランスよく摂取することが非常に重要です。例えば動物性たんぱく質には肉・卵・牛乳、植物性たんぱく質には小麦や豆類などがありますね。

 まず、動物性たんぱく質については卵を食べてください。食べ方はお任せしますが、おすすめはゆで卵です。皿を使わないので食器を洗う必要がありませんし、塩水に漬ければ簡単に塩分も接種できます。僕は毎日塩に漬けたゆで卵を2~3個食べていました。

 それ以外では鯖やツナなどの缶詰がお勧めです。缶詰なので季節に影響されずいつでも安価に手に入る上に開けてそのまま食べられる上に、日持ちもいいので大量に購入しておいて卵を茹でるのすら面倒なときに役立ちます。肉は単価が高い(安いのは不味すぎる)のと外食に行くと必ずと言っていいほど出てくるのであまりお勧めしません。

 植物性たんぱく質については豆腐を食べましょう。豆腐は生でも茹でても食べられるので、後述する野菜を食べる際に併せやすく、効率よく栄養を摂取することができるのでお勧めです。

  備考ですが、先ほどご紹介したフルグラシリーズの中にinプロテインの商品が新発売されているようです。試したことはありませんがこれを使えばより簡単に一日に必要なたんぱく質を摂取することができます。通常版と比べて単価がかなり高いのであまりお勧めはしませんが、お金に余裕のある方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 ビタミンC

 もう一つはビタミンCです。これについては野菜ジュースなどで簡単に摂取することは可能ですが、当然というか、過去に計算したところスーパーに売ってる適当な安い野菜を買って食べたほうが値段当たりの栄養価は高かったです。したがって、スーパーでその時旬の野菜を選んで購入するのが最もコスパがいいです。

 また、ビタミンCだけに拘らず、栄養が偏らないようになるべく多くの野菜を摂取することが大切です。

 以下調理せず簡単に食べられるお勧めの野菜を紹介します。

 茹でるだけで簡単に食べられる上にグラムあたりのビタミンC含有量が高い。

  • ピーマン

 こちらも同じくグラムあたりのビタミンC含有量が高い。ある程度調理を前提とした食材なのが欠点。

  • ほうれん草

 栄養価が高い。個人的に冷奴と一番相性がいいと思う。

  • モロヘイヤ

 栄養価が非常に高い。前述のツナ缶とトマトを合わせてサラダにするだけで結構おいしい。

  • 白菜

 湯豆腐と一番相性がいい。年々値段が上がっているような気がする。

  • きゃべつ

 この中で一番安い。適当に切ってごま油やにんにくと混ぜるだけで居酒屋っぽいメニューができる。 

 また、僕はそれらに加えてマルチビタミンのサプリを導入していました。前述したとおり僕は知能も教養も足りないので栄養学については詳しく語れないのですが、気休め以上の効果は期待できるかと思います。加えてこのサプリには亜鉛も含まれているので気持ちのいい射精にも効果があるかと思われます。(5年以上飲み続けてるから非常飲時との比較ができない)

ディアナチュラ ストロング39アミノ マルチビタミン&ミネラル 300粒 (100日分)
 

 

おすすめの食材とそうでない食材

 他におすすめの食材を紹介します。

 

  • もやし

 これはとにかく安いです!と言いたいところなのですが、実際他の野菜と比較して特別に安いわけでもないです。とはいえ調理の際に包丁を使わずに済むので非常に楽なのは高評価。後はごちうさのシャロちゃんがよく食べているのでシャロちゃんと同じ気分になれます。 

  • セロリ

 適当に洗ってスティック状に切るだけでよく作業中にもつまめる神の食材です。僕は好物ですが、チノちゃんが苦手としているのと、嫌いな食材ランキング上位なのでこちらで紹介させていただきます。

  • 納豆

 簡単に植物性たんぱく質を摂取できるのでおすすめですが、僕はねばねばしててあんまり好きじゃない……(萌えキャラ) 

 これは食材ではありませんが、栄養素以外に水分は健康な生活の為には必要不可欠です。一日に必要な水分量は2~3Lとされていますが、これは中々意識しないと達成することは難しいです。毎日朝昼晩に飲む量を決める、通学・出勤時に水筒を持っていくなどして対策していきましょう。通販やコストコなどで2Lのものを大量にまとめ買いしておくのがお勧めです。水道水を飲料として利用するのはおすすめはできませんが、僕も金がない頃は仕方なくやっていたので強く否定はできません。日本の水道水は世界有数の安全性を誇るらしいので危険性は殆どないのですがね……。(その割に不味すぎるだろ)計算したことないのでわかりませんが、水道に浄水器を設置するのも選択肢の一つとしてはありだと思います。

  • COMP

 完全栄養食です。試した感想を述べますと、毎日これだけ食べていればいいので非常に楽ですが、粉は非常にまずくて毎日飲んでいると精神がおかしくなりそうです。唯一まともに食べられる美味しさのグミもありますが、これだけで一食分を賄おうとすると非常に量が多く固いので咀嚼回数が多く疲れます。総じておすすめはできませんが、手軽さの面で考えると他の追随を許さない優れた商品であることに間違いはないので今後の改良に期待しています。

 

 ここからは逆に食べない方がいいものの話をします。

 よく酒は百薬の長なんてよく言いますが、まあ、少し考えればわかるように嘘ですよね。僕は頭が悪いので無職の頃は毎日眠れるようになるまで飲んでましたが(昼間に寝すぎているせいで酒がないと眠れなかった)、アルコールは身体に悪い上単価も高いのであまりお勧めしません。

  • 清涼飲料水

 これらは糖分の過剰摂取になるのであまり飲まない方がいいです。糖分はフルグラで十分に摂取できています。それに水に比べて単価が高いのであまりいいところがないです。 

  • 外食全般

 例外も存在しますが、基本的に外食は身体に悪いです。その上価格も非常に高いので僕は外食は人付き合いの一環だと割り切って食費ではなく交際費として捉える様にしていました。今は昔と比べると大分お金に余裕があるので、また一人暮らし生活に戻ったら多用してしまいそうで怖いです……。

  • コンビニ弁当

 不味い上に量も少ないゴミ。

 

おわりに

 以上、僕の食事に対する向き合い方と栄養論でした。まあ、といってもこれをそのまま実践できる人はそう多くはないでしょうし、逆に無理に実践することでストレスを溜め込んでしまうのも身体によくありません。冒頭にも述べたようにあくまでこれを参考にしつつ自分なりにアレンジすることをお勧めします。そもそも、僕も金があればもうちょっとマシなご飯を食べていると思いますし……。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。